« まずは新しい生活に身体を慣らすことですね | トップページ | まともにお花見する前に桜が散ってしまいそうなので »

2018年4月 2日 (月)

さて、魔法が解けて公開される『ホントの感想』

そもそも、2回見てみようと思った理由は『舞台は生モノである』ってことで起きたアクシデントも関係してたのです(/・ω・)/

 さて、これを皆さんが読んでいるころには、オイラは転勤先の職場でせっせと働いてる頃でしょう(^^;)

 そんなわけで、0時の鐘とともに封印を解いた……………

IMG_5169

今回鑑賞させていただいた舞台『サンドリヨン』の感想です

 まず最初に、サブタイトルに書いた通り『舞台は生モノである』そして、アクシデントの話から。

 実は最初に見たとき、舞台の幕が故障してしまいオイラが見ていた座席(上の方)からだと見えない箇所がいくつかあったんですよね。

 それと、冒頭のシーンで効果音の音量で役者さんのセリフが聞こえなかったこと。

 二つのアクシデントを、当日の役者さんたちはその場で対応して乗り切る姿は、一発勝負の舞台で一番大変なことであっただろうし、そこを責める気は全くないのです。むしろ、役者魂の全力を見せてくれたと感謝しておりますm(__)m

 むしろそのアクシデントを乗り切る姿を見たから、しっかりとした感想を書いて伝えたいと思い、本来の演出を、そして聞き逃したセリフをちゃんと聞こうという理由で2度目の劇場に足を運んだのです(=゚ω゚)ノ

最初に見た『かぼちゃチーム』そして、2回目に見た『ねずみチーム』の両キャストの皆さん本当にお疲れ様ですm(__)m

 ここから先は、舞台を見るのが好きなただのおっさんの感想です(=゚ω゚)ノ

 さて、シンデレラのお話ですが、この舞台の主人公はそのシンデレラの2番目の姉『アナスタージャ』

 童話のシンデレラでは意地悪な姉で終わってますが、実際はとても『強がり』な女性。周りに考えを読ませない。でも、本心では1番目の姉『ドリーゼラ』に認められたかった。

 クライマックスでシンデレラ(ジャヴォット)が王宮に向かう馬車に乗ることになるが、没落を恐れた貴族が暗殺を企てていることを知ったうえで身代わりになる。実は誰よりも家族思いな一面を持っていたんだなって思いました。

 そして、1番目の姉『ドリーゼラ』も、妹を失ってから自分の間違いに気づき悲しむ…………

二人の『意地悪な姉』はただ『生き方がものすごく不器用な姉』だった。

 そして、シンデレラ(ジャヴォット)自身もすごく生き方が不器用な人だった。舞踏会で出会った後、本当は王子様の人柄に心惹かれてるのに、そして王子様も自分の心を好きでいてくれるのに本心を伝えられない…………

 どこにだって、不器用な生き方をしている人はいて、今の時代でも、僕自身ですら不器用な生き方をしている。 ちなみに、王子様もすごくすごーく不器用でしたね(^^;)

 うまくまとめきれないけど、性格が邪魔をして伝えたいことが伝えられないって本当によくあることで、この舞台を見てそれを感じてしまったのが今回の感想です。

 最後に、王子様とシンデレラが本心を伝えあって結ばれたときはある意味ほっとしたなあ…………(^^;)  このまま、みんなが悲しんで終わりになるんじゃねーかと不安になったもん(^^;)

 さて、たくさん遠回りして書いてみた『サンドリヨン』の感想。 個人的にはとても気に入った舞台です。 最初に書いた通りアクシデントがあったことで2度目を見てみようと思いましたが、2回見てよかったなと思っておりますよ(=゚ω゚)ノ

あらためて、キャストの皆さん本当にお疲れ様でしたm(__)m

 機会があれば次回、どこかの舞台で皆様の演技を見ることがあればまた、たのしみにしています。

 

|

« まずは新しい生活に身体を慣らすことですね | トップページ | まともにお花見する前に桜が散ってしまいそうなので »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まずは新しい生活に身体を慣らすことですね | トップページ | まともにお花見する前に桜が散ってしまいそうなので »